未分類

いい記事を書きたいならペルソナを決めよう|ペルソナ設定3つのメリット

321

はあ〜(ため息)

"no-img2″
ペルソナ先生

どしたの?

no-img2
321

ブログでいい記事を書きたいけど、上手く行かなくて…。

"no-img2″
ペルソナ先生

ペルソナの設定はしてる?

no-img2
321

ペルソナ??

"no-img2″
ペルソナ先生

ペルソナは簡単に言うと「架空のターゲット」
この記事はこういう人にに読んで欲しい!って設定する事

no-img2
321

ふ〜ん
そのペルソナはどこで売ってるの??

"no-img2″
ペルソナ先生

(あ、こいつ全然わかってない)
…まずはペルソナについて説明するよ!

ペルソナって

ペルソナ

ペルソナとは架空の顧客像を設定する事。

ポイントは「20代の男性」というような漠然とした設定ではなく、その人物のライフスタイル、価値観などかなり細かい部分まで落とし込む事です。

昔はライフスタイルがみんな大体同じだったので、「30歳OLのための化粧品」とかターゲットをざっくりと「層」で設定するだけで十分でした。

しかし、ネットの普及やライフスタイルの多様化に伴いより細かい人物像の設定が必要となりペルソナの有効性に注目が集まりだしました。

ペルソナ設定で得られる3つのメリット

ペルソナ設定で得られる3つのメリット
no-img2
321

ペルソナがどんなものかは分かったけど、設定したらどんなメリットがあるんだろう?

読者の共感を得やすい

ペルソナはかなり細かく人物像を設定して、その人に向けて書くので設定が上手くいっていれば間違いなくその人の共感を得ることが出来ます。

例えば、30歳でこれといったスキルもないA君。今の仕事を続けるか、転職するかで悩んでいたとします。このA君が55歳でキャリアチェンジして成功した人の記事を読んだら、どう思うでしょうか?

おそらく特に感情が揺さぶられるも事なく「ふーん」って感じになると思います。

しかし、これが自分と同じこれといったスキルもない30歳が留学してITと英語のスキルを身に付けたという記事だったらどうでしょうか?

きっと、「え?こんな道があったのか!?俺もできるんじゃないか?」と思い、その記事を自分に重ねて読むと思います。

これが共感です。そしていい記事とは読者の共感を得られる記事です。

記事をしっかり読んでくれる

しっかり狙ったペルソナに訴求できると共感を得れるので、記事をしっかりと読んでくれます。そうするとそのページの滞在時間が伸びるので、Googleさんからいい記事だと判断されるので、検索順位が上がりやすくなります。

信頼が生まれる

共感して、記事をしっかり読んでくれるようになると信頼が生まれます。

信頼を得れるようになると、ブックマークしたり、SNSでフォロワーになってくれる可能性が高くなり、定期的にブログに帰って来てくれます。

それに信頼があると「この人が紹介しているんなら」と思ってもらいやすくなるので、アフィリエイトなどの成約率が上がります。

no-img2
321

どうやってペルソナを作ったらいいの?

ペルソナをどのように作るのか?

写真

ざっくりした分け方ではなく、架空の人物を細かく作り上げます。
年齢、性別、職業、家族構成、仕事内容、年収
これ以外にも
* 年齢や仕事の内容などの基本的な情報
* 一日の過ごし方
* 仕事や人生のゴール、解決したいと思っている課題やチャレンジ
* さまざまな情報(メディア)との接し方
* あなたの製品やサービスを購入する理由・目的・購買への関与の仕方など
などを考えながら作りこみます。この項目全てを満たす必要はありませんが、共感してほしい人をリアルに想像できるぐらいのレベルに落とし込みましょう。
まあ、早い話が妄想です!!
"no-img2″
ペルソナ先生

ペルソナについて理解できたかな?

no-img2
321

もちろんです!
ガッと刺さる文章を書いたらいいんですよね!

"no-img2″
ペルソナ先生

(絶対分かってないな)