セブ島ライフ

セブ島でメガネを買うならOWNDAYS(オンデーズ)【セブ島在住者オススメ!】

セブ島のオンデーズ

フィリピン・セブ島でメガネを作りたい!

という人に向けて、セブ島にあるメガネショップ「OWNDAYS」(オンデーズ)を紹介する記事です。

こんにちは。

フィリピン・セブ島でWebマーケの仕事をしながら暮らしている321です。

 

いつも使っているメガネが古くなってきたので、セブ島のOWNDAYS(オンデーズ)でメガネを購入しました。

 

セブ島でメガネを作りたいけど「どこで作ったらいいの?」「なんて言ったらいいの?」「値段は?」等が気になる方に向けてセブ島にあるOWNDAYSを紹介します。

 

日本でもお馴染みのOWNDAYS

セブ島のオンデーズ店外の写真セブ島のアヤラモールにあるオンデーズ

 

OWNDAYSとは東京都品川区に本社を置くメガネ、サングラスなどの販売を行う全国チェーン店の会社です。

日本のみならず、シンガポール・台湾・タイ・フィリピン・マレーシア・カンボジア・オーストラリア・ベトナム・オランダで店舗展開しており、2019年4月末現在、12ヶ国280店舗以上を展開しているワールドワイドなメガネチェーンです。

 

社長の田中修治さん自らがオンデーズについて書いた「破天荒フェニックス オンデーズ再生物語」が2018年にすごくヒットしたので、オンデーズの名前を何となく知っている人もいるかも知れません。

めちゃくちゃ面白い小説です。アマゾンプライムに入会している人はKindle版が無料で読めますので、ぜひ読んでみてください。

 

セブ島のアヤラモールにあるOWNDAYS

 

セブ島のオンデーズはアヤラ・センター・セブ(通称:アヤラモール )の1階にあります。

 

セブ島のオンデーズ店内写真開放感が溢れる店内

 

お洒落な外観と出入り口が多いので、気軽に立ち寄る事ができます。

 

お洒落なメガネがたくさん

セブ島のオンデーズのオシャレなメガネオシャレなメガネがたっぷり!
セブ島のオンデーズのフレーム写真流行りの軽いフレームもあります

 

店内にはお洒落なメガネがたくさん並んでいます。メガネ以外にサングラスもあります。

 

セブ島・OWNDAYSでメガネ購入の流れ

メガネ購入の流れは、基本的に日本と同じです。

  1. メガネを選ぶ

  2. 視力検査をする(無料)

  3. 待つ(20分で仕上がります)

  4. 支払い

 

メガネの価格は日本と同じ

メガネの価格は日本のOWNDAYSとほぼ同じでレンズ+フレームで約5,000~10,000円。フィリピンなのでペソ(php)表記ですが、2倍すると日本円での価格となります。

 

フィリピンの物価からしたら、ちょっと高い部類ですが壊滅的に金銭に困ってない人はオンデーズでメガネを購入した方がいいです。

なぜかと言うと、自分がセブ島に留学していた時、ルームメイトがケチって地元のメガネ屋さんでメガネを作っていましたが、度数も合ってないし、すぐフレームが割れる等の問題がありまくりました。

 

しかし、OWNDAYSは品質がしっかりしていますし、盗難や事故でメガネを紛失した際に無料で同じ商品に交換してくれたりと購入後の保証がめちゃくちゃ手厚いです。盗難に会うリスクが日本より高いフィリピンでは、このサービスは最高です。

 

なので、繰り返しになりますが壊滅的に金銭に困ってない人はオンデーズでの購入を強くオススメします。

 

レンズの種類を選ぼう

 

オンデーズは薄型非球面レンズの追加料金が0円なので、どんな度数でも追加料金は発生しません。しかし、PCレンズコンピュータやスマートフォンの画面が発する有害な青い光から目を保護)にすると5,000ペソ(約10,000円)の追加料金が必要となります。

 

普段、PCで作業する事がほとんどなので、今回はPCレンズを選びました!

 

OWNDAYSはその場で視力検査してくれます

セブ島・オンデーズの視力検査機器しっかりした視力検査機器

 

作りたいフレームが決まったら、店内ですぐに視力検査ができます。

 

※既にメガネを持っている人は、同じ度数で作ってくれます。(他メーカーでもOK)

 

OWNDAYSは20分でメガネが完成します

時間がゆっくり流れるフィリピンでは、メガネの受け取りに数日かかることが珍しくありませんが、OWNDAYSは注文から約20分でメガネが受け取れます。

 

ちょっとした空き時間でメガネを作ることもできます。

 

完成したメガネがこちら

セブ島・オンデーズで作ったメガネめちゃくちゃカッコいいメガネ
セブ島のオンデーズのメガネの写真ケース・メガネ拭きもセットです。

 

軽いメガネが欲しかったので、今回はAIR Ultemという軽いフレームにPCレンズのオプションを追加して10,990ペソ(約20,000円)でした。

 

もっと予算を抑えたい人はフレームの価格を安い物を選択する&レンズのオプションを追加しない事をオススメします。

 

メガネ購入の際に覚えておきたい英会話

「海外だから、全部英語のやり取りでしょ? 無理なんですけど〜」

と言う方に向けてメガネ購入の際に役立つフレーズを紹介します。


試着してもいいですか?


Can I try it on?



似合ってますかね?


How do I look?



これください。


I’ll take it.



視力検査は必要ありません。このレンズから複製を作れますか?


There’s no need for an eye test. Can you make a copy from these lenses?



度数


lens power




これらのレンズの違いはなんですか?


What’s the difference between these lens?


 

OWNDAYSのフィリピン人スタッフは優しい人ばかりなので、英語が上手くなくても親切に対応してくれます。

日本のアニメが好きな人が多いので「ワンピース」「ナルト」「スラムダンク」あたりの話をするとグッと仲良くなれますよ!