海外生活

【海外就職すると給料〇〇円!?】フィリピンで働くアラサーの給与を大公開

こんにちは。
フィリピン・セブ島で働いている321です。

 

最近、読者の方からフィリピンでの給与についての質問をチラホラいただきます。
(いつも読んでいただきありがとうございます。)

 

海外で生活している人の給与ってめっちゃ気になりますよね。

 

そこで今回はフィリピン・セブ島で働く私の給与事情についてリアルな情報を赤裸々に語ります。

 

321
321
フィリピンで働く事に興味のある方は是非とも参考にしてください。

※あくまでも私個人の場合です。

 

フィリピンでの給料は14万円

フィリピンで働く日本人の給与これが噂のフィリピンドリーム(写真と記事内容は一切関係ありません)

321
321
ぶっちゃけると手取りで14万円です。

それで生活できるの?

 

フィリピンは物価が日本と比べてざっくり1/2なので14万でも余裕で生活できます。フィリピン人の平均月収が10,000ペソ(20,000円)なので、いかに14万円が十分な金額か分かると思います。

 

日本とフィリピンの物価比較

  日本 フィリピン
ペットボトルの水(500ml) 100円 30円
ダブルチーズバーガーセット
(Mセット)
630円 300円
マールボロ(赤) 510円 200円
タクシー(初乗り) 730円 80円

 

321
321
KTVで可愛いフィリピン人と一緒にお酒飲んで1時間ぐらい楽しくおしゃべりしても約1,000ペソ(2,000円)です。

※KTVは日本でいうキャバクラのような場所です。

 

福利厚生はそこそこ充実している

 

自分は会社の寮に住んでいるので寮費を月に13,000ペソ(約26,000円)払っていますが、この金額に光熱費・ネット代・掃除・洗濯・平日の朝食と夕食が含まれています。

それ以外にも

 

就労許可証・ビザ取得費用

フィリピンの社会保険

クリスマス手当(ボーナス)

有給休暇(年10日)

 

を会社で負担してくれています。

 

※同じくセブ島で働いている私の知り合いは会社による保険の負担がないそうです。会社によって対応が違うので、就職する場合は要注意です。

 

321
321
しかも、日本円で給与を受け取っているので課税対象にもなりません。

え? どういうこと?

 

フィリピンペソで給与を受け取ると税金が発生します

 

日本同様、フィリピンにも所得税なるがありますので、フィリピンペソで給与を受け取る場合は金額に応じて所得税が発生します。

 

しかし、自分は日本にある会社から給与が日本円で振り込まれる仕組みになっていますので、フィリピンの所得税が発生しません。

 

フィリピンの所得税(2019年8月現在)

年収(ペソ) 所得税
0~250,000 0%
250,000~400,000 (課税所得 – 250,000)x 20%
400,000~800,000 30,000 +(課税所得 – 400,000)x 25%
800,000~2,000,000 130,000 +(課税所得 – 800,000)x 30%
2,000,000~8,000,000 490,000 +(課税所得 – 2,000,000)x 32%
8,000,000~ 2,410,000 +(課税所得 – 8,000,000)x 35%

 

日本円で給与を受け取っているからフィリピンの所得税の対象にならないのか。

でも、日本円で受け取ってるってことは日本で所得税を納めないとダメなのでは?

321
321
ふふふ。

それも必要ないんだな(ドヤ)

 

ポイントは「居住者」と「非居住者」です。

1年に満たない期間(予定)の海外勤務は、「居住者」となり、1年以上の期間の予定で海外に転勤する場合は、「非居住者」となります。

 

「非居住者」なら日本国内で稼いだ場合のみ課税対象

 

「居住者」は原則として、日本国内はもちろん国外において稼いだ所得も課税対象とされます。それに対して「非居住者」は日本国内で稼いだ「国内源泉所得」のみが課税所得となります。

 

「非居住者」が受け取る給与は、たとえその給与が日本にある本社から支払われる場合であっても勤務地が外国であれば、日本国内で行う勤務には該当しないため原則として日本の所得税は課税されない仕組みとなっています。

 

日本の年金や住民税はどうしてるの?

 

海外転出届を出して日本の年金・住民税を回避

321
321
私は海外転出届を出しているので、日本の年金や健康保険・住民税支払い義務がありません。

 

海外転出届についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

社会人留学の強いミカタ!『海外転出届』の内容と注意点まとめ 社会人で海外に留学や旅行(1年以上)に行く時、税金(健康保険や年金)が気になる人は『海外転出届』を出した方がお得です!...

 

長期間海外に行かれる方で、節税したい!という方に海外転出届はオススメの制度です。

 

フィリピンで働くにはどうしたらいいの?

フィリピンで働く方法誇れるスキルもないけど、フィリピンで働きたい

 

フィリピンで日本人向けの求人は

 

セールス(営業)

コールセンター

ITサポート

カスタマーサポート

留学エージェント

語学学校スタッフ

エンジニア

 

の募集が多いです。

 

中には英語力も特別なスキルも必要ない職種もありますので、新しい環境に挑戦したい人にとってフィリピンはオススメの国です。

 

英語力もスキルも何もないけど、フィリピンで働きたい!という方はこちらの記事がオススメです。

【何もスキルがない30代へ】海外で働きたいなら留学が近道です特別なスキルがない・英語も話せないけれども、海外で働きたいアラサーは留学が1番の近道です。海外での就職・転職といえば、英語が堪能で特別なスキルを持っていないと無理と思っていませんか?実は留学する事でスキルがなくても、海外就職の道は開けます。...