僕はこうして海外で働くようになった

【30代・海外移住方法】英語を話せない僕がどうやってフィリピンに移住したか?

こんにちは。

30歳を超えてから海外に移住した321です。


私は今、フィリピンのセブ島に住んでいます。

あなたは「海外移住」と聞くとどんなイメージを思い浮かべますか?

世間一般では、ざっとこんなイメージだと思います。

成功者

英語ペラペラ

エリート

外国人の可愛い(カッコいい)パートナーがいる

なんか難しそうだし、レベルが高そうですよね?

自分も以前はそう思ってましたが、やってみると思ったより難しくなかったんです!

この記事では英語も話せない・特別なスキルが何一つなかった私が30歳を超えてどうやって海外移住したのか紹介します。

海外移住に興味あるけど、どうしたらいいのか?誰にもできるのかな?

と思っている方の参考になれば幸いです。

なんのスキルもないまま、30歳でのフィリピン留学

日本ではごくごく普通のサラリーマンとして営業の仕事をしていました。結構、ブラックな会社で精神をすり減らしながら働いていた時期もありました。

あまりにスキルがなさすぎて、30歳を目前にしてこのまま仕事を続けるのが猛烈に不安になりました。転職するか迷いましたが、営業職以外に仕事をしてみたくて全く未経験だったプログラミンと英語を学びにフィリピンのセブ島に半年間留学しました。

正直、30歳からの留学に対して周囲からは様々な反応がありました。

色々、言われましたがフィリピン留学して良かったと心の底から思っています。

日本でサラリーマンをしていたら出会えないような年齢・バックグラウンドの人とも知り合えましたし、何より自分の価値観が変わる経験が沢山できました。

留学前から海外移住を計画していた訳ではなかった

自分の場合、留学前から海外移住を目的としていませんでしたので、フィリピン留学の経験がなかったら「海外で働いてみたい」と思うことはありませんでした。

英語とプログラミングのスキルを身に付けたい!

海外で長期間生活してみたい!!

という思いが強かっただけで、帰国後のことは特に考えていませんでした。

正直、不安でなかったと言えば嘘になりますが「なんとかなる」と自分に言い聞かせていました。

先に留学後を計画することって凄く大事なことだと思います。

しかし、先に線を引くことばかりに固執すると決断ができずにタイミングを失う可能性があります。

かの有名なスティーブ・ジョブズはスタンフォード大学の卒業スピーチで

先を見通して点をつなぐことはできない。振り返ってつなぐことしかできない。

だから将来何らかの形で点がつながると信じることだ。何かを信じ続けることだ。

と言っています。

その時は関係なさそうな事でも、将来どんな事と繋がるか分かりませんのでやってみたいならTRYしてみたらいいと思います!

留学すると海外生活の適性が分かる

やってみないと分からない事ってたくさんありますよ。

年齢に関わらず、留学すると自分が海外生活の適性があるか分かるので、海外移住をしたい人は一度、留学してみることを強くオススメします。

いきなり、海外移住すると「文化」「食事」「水」「生活環境」のどれか合わなくて帰国せざるを得ないリスクが高くなります。

これまで上記4つのどれかが合わなくて帰国していった人達を山のように見てきました。

そういったリスクを回避する為にも、2~3ヶ月ぐらいは現地で留学して現地の空気を肌で感じることが必要です。

留学先のインターンに応募するも落ちる

留学生活の途中あたりで「海外でもっと長く暮らしたい」と思うようになったので、ひとまず留学先のインターン選考に応募しました。

理由は生徒→インターン→社員というキャリアアップを経た人を数人見てきたので「自分もこのルートに乗っかろう!」と思い選考に進むもまさかの不合格…。

あれ?

このルートは黄金ルートのはずだったのに…。

今の職場から内定を貰い、海外移住

失意のまま帰国しましたが、どーしても海外で働きたかった私は海外転職サイトに登録してバンバン応募していきました。

今まで探してなかっただけかも知れませんが、意外と海外転職の求人は多いです。特にこれから発展が予想される東南アジア・インドは求人が多かったです。

海外求人はマイナビやWantedlyやビズリーチ等のサイトがあるので登録しておきましょう。中には英語力が不問だったり、未経験可の求人もありますので定期的にチェックしておくと良きです。


Beyond Borderという”海外留学経験者”専門の転職エージェントもあります。
Beyond Border


そんな中「マイナビ転職グローバル」を使って、今の職場に応募し、内定を貰って海外転職することができました。後日、社長に「何故、自分を採用したのか?」尋ねてみると一定期間、海外で生活できた実績があったからだと言われました。


お金を出して人を海外で採用する企業としては、海外の生活環境にキチンと適用できる人を求めているので、一定期間の留学経験はアピール材料になります。

まずは短期留学からスタートしよう

留学すると「英語力」も上るし、現地をよく知る事ができます

海外移住のスタートは住んでみたい国に留学するところからスタートしましょう。住んでみたい国が具体的に出てこない方はフィリピン留学をオススメします。

留学することで、留学先の語学学校に就職できるチャンスが出てきます。自分は落ちましたが、留学→留学先に就職はどこの語学学校でも頻繁に行われていることなので、可能性は全然あります!

特に、英語に自信がなかったり、特別なスキルがない人は先に留学した方が効率がいいです。

まとめ

「海外移住」と聞くとレベルが高そうですが、実際はそんな事ありません!

英語も話せない、何のスキルもない自分にだって出来たんですから。

必要なのは少しの勇気です!

やった後悔より、やらなかった後悔の方が辛いと思いませんか?